忍者ブログ
 ~ 気の おもむくまま ~
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

(7/3)
 
 7月に入りました。2020年も後半突入です。
 キャッシュレス化の推進を狙った政府のポイント還元制度が6月30日で終了しました。電子マネーやQRコードによる決済は一定の普及を見せたそうですが、一時的なものかも・・・という見方もあります。

 なかなか「キャッシュレス化」が進まない日本。同様にマイナンバーカードの普及も進みません。なぜ進まないのでしょうか・・・。新型コロナの感染者数・死者数が世界的にみて少ないことと同様に、「日本特有の要因」(ファクターX)があるのでしょうかね。

 香港が気になります。国家安全法が7月1日から施行されました。「一国二制度」の下で香港に認められた「高度な自治」が喪失し、「三権分立」の崩壊の危機とのこと。
 香港が英国から返還されて「23年」。中国の最高実力者だった鄧小平氏が「50年」変えないとした約束は事実上、反故にされ、今までのような香港の自由はなくなっていくのでしょうかね・・・。

 今週の日経新聞のトップ記事(休刊日、土日祝日は除く)
 ◎車など半数業種で減少(大卒採用2.6%増 10年ぶり低水準 本社調査 コロナ禍響く)
 ◎NTT再生エネ本格参入(1兆円超投資 自前で発送電 電力市場の競争一変)
 ◎香港国家安全法が施行(中国、統制強化 一国二制度危機)
 ◎香港「国安法」で初逮捕(独立の旗所持 集会含め370人)
 ◎雇用危機 迫る第2波(支援制度、日米欧で期限切れへ)
PR

(6/26)
 
 県をまたいでの移動自粛が緩和され一週間ほどが経過しました。少しずつ、店舗や施設の人出も増えていくようですが、元のような賑わいにはなかなかなりそうにもありませんね。
 
 夏に向けていろいろなマスクが出ていますが、何がいいのか良くわかりません。というよりも、マスクをして話をしていると徐々に頭が痛くなってきます。寒い時期はあまり気にならなかったのですが、最近はもう、不快感とともに頭痛を感じてしまいます。
 マスクの効果はそれなりにあるのでしょうが、今の状況はマスクによるダメージの方があるように思えるのは私だけでしょうか・・・。
 一週間ほど前は夏至でした。日が長いですね。ここ数年、日没の際の対応の位置が徐々に北に移動している感じがしますが、気のせいでしょうね・・・。


 今週の日経新聞のトップ記事(休刊日、土日祝日は除く)
 ◎技師・検出器不要 30分検査(日大や塩野義 秋にも実用化 PCRより簡便に)
 ◎国産スパコン 世界一奪還(理研・富士通の「富岳」8年半ぶり 高速計算 研究・産業に競争力)
 ◎先端技術の海外流出防止(政府補助 資金源開示条件に スパイを警戒)
 ◎NTT、5G網で国内連合(NECに600億円出資 ファーウェイに対抗軸)
 ◎派遣社員も在宅拡大(人材大手で最大5割 顧客企業とルール整備)

(6/19)
 
 ようやく自粛・行動制限が解かれました。。プロ野球も開幕。新型コロナの第2波の心配は尽きないけれども、行動の自由は大切ですし、ありがたいことです。

 現職国会議員2名(河合夫妻)が逮捕されました。恥ずかしい限りです。最近、耳にするのも嫌になっているのが「説明責任」という言葉です。
 物事がおきたときの対応は、その対応による影響への配慮が必要であることは否定しません。が、説明する・伝えるということをおざなりにしていることが多々あるように思えて仕方がありません。一言で言えば「心はどこにあるのです?」と聞き返したい説明ばかりに思えて・・・・。
 特に公人といわれる方々には、形式も大切ですが本質を大切にした言動をとって頂きたいものですね。


 今週の日経新聞のトップ記事(休刊日、土日祝日は除く)
 ◎進化か退場か 迫る覚悟(崩れる成功モデル 危機生き抜く3条件)
 ◎分散登校・短縮授業 4割で(都市部の公立小中 日数不足も 学びの質課題)
 ◎オンライン完結 1割未満(行政手続き、給付金など支障 経済活性化の重荷に)
 ◎ビジネス往来 開国手探り(ベトナム・タイ 来月にも再開 米中韓台は遅れる)

(6/12)
 
 春の選抜高校野球が中止、夏の甲子園も中止という中で高野連が選抜に出場予定だった高校同士の交流試合を発表しました。朗報ですね。春に消化不良な子供たちが少しばかり、救われた感じ。

 持続化給付金の事務委託先をめぐる問題、モヤモヤ感が蔓延中です。報道と事実が異なるのか否かはよくわかりませんが、指摘されることはたくさんあるのでしょうね。遅れて申請した人の方が迅速に給付され、申請開始日や翌日に申請をした人が未だに給付されていない状況は全く納得がいかないことでしょうね。
 民間事業者がこのような事態を招いていたら、相当に国はプレッシャー(是正要請等)をかけていくのではないでしょうか・・・・


 今週の日経新聞のトップ記事(休刊日、土日祝日は除く)
 ◎雇用制度 在宅前提に(資生堂「ジョブ型」で評価 シフト在宅専門の採用)
 ◎11年前の教訓 放置(検証コロナ 危うい統治 組織防衛優先 危機対応阻む)
 ◎地方の財源不足 最大規模(コロナ対応「貯金」7割減 起債弾力化 国が後押し)
 ◎つながる工場 攻撃7倍(サーバーリスクIoT普及で高まる)
 ◎家賃減免 交渉が長期化(再開後も収入戻らず 店舗閉鎖の増加懸念)

(6/5)
 
 今週から全国的に小中学校が動き出し、世の中も平常に近づけようとしている雰囲気となってまいりました。
 とはいえ、ソーシャルディスタンスという「距離感」をもっての行動を心がける必要性には馴染めないですね。「コミュニケーション」に一定の制約がかかることのストレスは果たして、慣れるときが来るのでしょうか・・・。

 アメリカでは白人の警察官に取り押さえられた黒人男性が死亡した事件に端を発して、各所で抗議デモが広がっています。新型コロナウイルスの感染拡大で失業者が急増する中、人々の不満を増幅させたのでしょうか・・・。
 そして、そのアメリカはWHOへの拠出金や国連機関への関与度合い、香港と中国との関係性への関与(発言)、中国とインドとの一部地域でのにらみ合いへの関与などで、中国との関係性に距離を置く形で見直しています。
 アメリカは国内をいかに治めていこうとするのか、そして、国際関係をどのように展開していこうとするのか、日本は相当に注視していかないといけないですね、中国の動きを含めて。



 今週の日経新聞のトップ記事(休刊日、土日祝日は除く)
 ◎「供給網見直し」7割(テレワーク継続9割 新常態探る)
 ◎米 深まる社会分断(デモ、60年代の公民権運動並み 試練の民主主義)
 ◎国またぐ移動 制限緩和(中国、日本から技術者 南欧は観光客 経済優先 日本、検査態勢が壁)
 ◎DX改革 企業明暗(コロナで鮮明に ウォルマート、ニトリ落ち込み補う JCペニー、レナウン実店舗頼み)
 ◎ビジネス渡航にPCR(行動計画も義務付け 審査経て長期待機免除)
 
プロフィール
HN:
Kiyoshi Kimata
性別:
男性
最新記事
(07/03)
(06/26)
(06/19)
(06/12)
(06/05)
P R
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) 自適な話 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]